MENU

ヴィーナスプラセンタ原液の成分、プラセンタとは本当にあの胎盤なの?

ヴィーナスプラセンタ原液の主成分の1つに「プラセンタ」と呼ばれるものがあります。


「Placenta(プラセンタ)」は「胎盤」のことであり、妊娠時に子宮内で作られるあの胎盤のことで間違いないようです。


はじめてプラセンタが胎盤だということを知るとビックリする方もいます!


ここではプラセンタの効果の謎に迫ってみます・・・!


ヴィーナスプラセンタ原液の原料メーカーの説明

株式会社オージオにプラセンタ原料を供給しているスノーデンの公式サイトによると


プラセンタとは胎盤のことです。 人間を除く全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を食べてしまいます。 胎盤には自然治癒力を回復させる優れた効果があると報告されており、出産により低下した体力を速やかに回復させ、ホルモン分泌促進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせるという本能です。

⇒スノーデン株式会社


と説明があります。


これを読む限り、出産後不要となる胎盤をの栄養価を再利用するというのは自然の摂理なのでしょう。


とはいってもヴィーナスプラセンタ原液にはヒトプラセンタは使われていません。


ヒトプラセンタの利用は、医療において医師の診断と処方が必要になってくるからです。


自然治癒力、体力回復、ホルモン分泌促進といったこれほどのの機能を持ったプラセンタから抽出されたプラセンタを原液100%で配合しているのですから、動物由来でも美容効果に大きく作用するのも納得しますね♪


プラセンタには胎児をサポートする機能が完備されている

どれだけプラセンタの機能と成分は有効なものなのでしょうか。


プラセンタは妊娠中の胎児の成長をサポートする存在です。


胎内の胎児の臓器は、発達している途中ですからしっかりと機能するまでには時間がかかります。


なのでプラセンタは胎児の臓器の代わりに

  • 肺の機能
  • 肝臓の機能
  • 腎臓の機能
  • 免疫の機能

の代替え器官としてオールマイティにサポートして働いてくれるのです。


そんな高機能なプラセンタですから

  • アミノ酸(およびSAアミノ酸)
  • タンパク質
  • 酵素
  • 脂質、脂肪酸
  • 糖質
  • 拡散抗生物質
  • ミネラル
  • ビタミン
  • ムコ多糖体
  • その他多数

などその他多数の栄養素もとても豊富に含まれているのです!


>>ヴィーナスプラセンタ原液公式サイト<<

 


>トップページに戻る<


このページの先頭へ