MENU

ヴィーナスプラセンタ原液の口コミが正しいか実際に試して体験談としてまとめました

ここではヴィーナスプラセンタ原液について私の実体験をお伝えします。


リトマス紙にヴィーナスプラセンタ原液をつけて、酸性やアルカリ性の度合いを調べるpH(ペーハー)の確認をしていますが、普通そこまでする必要はありませんので安心して下さい^^;

  1. 開封
  2. pH(ペーハー)確認
  3. パッチテスト
  4. 感想

の順番にお伝えします。


それでヴィーナスプラセンタ原液体験談をご覧下さい・・・!


ヴィーナスプラセンタ原液の体験談です♪

ヴィーナスプラセンタ原液のパッケージを開封してみます!


↑ヴィーナスプラセンタ原液の紙のパッケージから中身の瓶を取り出してみます。
小さくてカワイイです!



↑瓶のフチまでしっかりと原液が入っているのが確認出来ます。
きちんと遮光瓶に入っているので成分の劣化防止対策されているので安心です。
かなり小さいので旅行や出張でもバッグがかさばらず持ち運びできそう・・・!



↑このヴィーナスプラセンタ原液の小瓶1つで30ml入っているようです。
でも一度に数滴しか使わないので当分持つので大丈夫です。
今回はしっかりとヴィーナスプラセンタ原液の効果を体験するため節約せずたっぷり使ってみます。

ヴィーナスプラセンタ原液のpH(ペーハー)を確認してみます!


↑ヴィーナスプラセンタ原液のスポイト部分をねじって外してみます。
スポイトは持ちやすいですが、ちょっとズラすとスポイトの先端が瓶のフチに触れますので、瓶を倒して悲惨なコトにならないように細心の注意です!



↑私は敏感肌なのでもちろん見えない部位の皮膚でパッチテストもするのですが、さらに念を入れてヴィーナスプラセンタ原液をリトマス試験紙でもテストします^^
リトマス試験紙は簡単に性質(酸性、アルカリ性)が分かるので重宝しています。



↑リトマス紙での試験結果は・・・
pH(性質の度合)は黄緑色の7です!
これは


「完全に中性」


ということを表しているのでリトマス試験はこれでパス♪

ヴィーナスプラセンタ原液をパッチテストしてみます!


↑早速ヴィーナスプラセンタ原液をつけてみます。
今回はパッチテストも兼ねているのですが、見やすさも考慮していきなり手から始めてみました。
初めての美容液はドキドキするものですね!
あと、極端に敏感な肌の方は、ヴィーナスプラセンタ原液に限らず本格的なパッチテストを皮膚科で行ってもらった方が肌トラブルが減るので良いですよ。



↑液が垂れるのを考慮して、あまりヴィーナスプラセンタ原液のスポイトに入れなかったのでなかなか出てこない^^;



↑やっとヴィーナスプラセンタ原液が1滴出てきました!
カメラが近すぎたのか写真の色調整がおかしくなっていますが気にしないで下さい・・・(汗)



↑ヴィーナスプラセンタ原液1滴分をスッと指でなぞってみます。
かなりなめらかに塗ることが出来ます!



↑上の写真の10秒後くらいの状態です。
かなりの早さで水分が消えてきています。
室内が乾燥しているせいで空気中に気化しているのでしょうか?
そうで無ければ相当の早さで浸透していることになります・・・!



今度は手のひらにヴィーナスプラセンタ原液を塗ってみます。
今度は2滴分です。



↑手のひらでもヴィーナスプラセンタ原液をするっと滑らせてみます。



↑これも上の写真の15秒前後くらいのものです。
しずくの端の方がかなりへこんできているのが分かります。
これがプラセンタの圧倒的な浸透力なのでしょうか!?


パッチテストが無事終わりました!


これで安心してヴィーナスプラセンタ原液を使うことができます(^_^)




▽▽まず試しにテストを実施!▽▽


リンク

ヴィーナスプラセンタ原液の感想です♪

それにしても、今思えばたくさんのプラセンタ美容液の口コミを読んだものです^^;


そのおかげで、いくつものプラセンタ美容液の中から、私の肌に合いそうなヴィーナスプラセンタ原液を選ぶことができました。


おかげで、ヴィーナスプラセンタ原液を肌トラブルなく安心して使い始めることができて、プラセンタ原液100%の浸透力や美容効果を余すこと無く堪能できました❤


この実感は実際に使ってみた人しか分からないものです!


この値段でヴィーナスプラセンタ原液を買えて、これだけモチモチ肌になれるなんて・・・、これはコスパ最高美容液と言い切ってもよいかも知れません!

ヴィーナスプラセンタ原液の美容と保湿効果について


結論からいうとヴィーナスプラセンタ原液の保湿効果は非常に高いです。


でもまずはスキンケアの基本にのっとって、正しく塗る前の準備をする必要があります。


仕事の後で「ダルい~、疲れた~」という時も面倒くさがらず、このスキンケアの順番を必ず守るようにしました^^

  1. 洗顔
    1日の汚れ、新陳代謝(ターンオーバー)により必要のなくなった角質をキレイに落とします。
    肌荒れしない程度の温度のぬるま湯を使って力をいれず優しく泡を使って落としましょう。

  2. 化粧水
    洗顔した後は乾燥する前にすぐさま化粧水をつけましょう。
    このときもできるだけ滑らさずに優しくパッティングするのが秘訣です。
    そのあと両方の手のひらで暖めるとさらになじみやすくなります。

  3. 美容液
    ここでヴィーナスプラセンタ原液をつけます。
    その都度1~3滴の適量を手のひらに落とし、顔全体にまんべんなく乗せていきます。
    気になる部分は再度塗ってもよいでしょう。
    ヴィーナスプラセンタ原液を塗り終わったあとは化粧水のときと同じように両手のひらで包み軽く押して美容成分を浸透させましょう。

  4. 乳液(またはクリーム)
    手のひらに取り出したら少し待ち暖めた後につけます。
    顔の中心から外に向かって肌になじむように塗りましょう。
    ここまでに塗った成分を保護する目的もあるので、あくまで丁寧にやさしくを意識することがコツです。

ヴィーナスプラセンタ原液の効果を最大限に得るためにも、この順番と内容をしっかり守って塗ってみてください。


おかげでヴィーナスプラセンタ原液を使い始めてからというものの、肌のプルプル感や透明感を持続できています・・・!

ヴィーナスプラセンタ原液の匂いについて


少し前までは、プラセンタサプリやプラセンタ美容液の匂いが気になるという意見は多く、私もその一人でした。


特にプラセンタ美容液は鼻にも塗るので、匂いがあればじかに漂ってきますよね^^;


でも最近のプラセンタ美容液は、匂いについてもかなり改善されていますので心配する必要はありません。


容器に鼻をぐっとつけて直接匂いを嗅がなければ分かりません♪


もしプラセンタ特有の匂いが気になってプラセンタ美容液をやめてしまったのであれば、もう一度チャレンジしてもらっても大丈夫といえます!

ヴィーナスプラセンタ原液のトラブル、副作用について


もう、しばらくの間ヴィーナスプラセンタ原液オンリーでスキンケアをしていますが、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりといったトラブルは起きていません。


とはいえ肌の質や個人差はあるとは思うので気になる方は私が行ったようにパッチテストを行ってみてください。


大事な肌ですから取り返しの付かないことになっては大変です^^;


副作用についてもいまのところ報告はでてきていないようです。


たしかに肌からプラセンタ成分を吸収させるものではありますが、プラセンタ注射のように直接体内に取り込むものではありません。


また、プラセンタ注射みたいにヒトプラセンタをつかっているものでもありませんので、ヒトからヒトへの感染症の心配もないので安心ですね!


ヴィーナスプラセンタ原液の体験談のまとめ

以上が私の体験談でしたが、いかがだったでしょうか。


プラセンタの豊富な美容成分をとる方法としてはプラセンタ美容液がベターだと感じています。


プラセンタサプリは、食品として消化という行程を経て吸収されるので、しっかりと成分をとれるのかは疑問です。


プラセンタ注射は、生理不順など深刻な問題も起きるほかヒトプラセンタなので感染症のリスクもゼロではありません。


そもそもプラセンタ注射をすると「一生献血することができなくなる=一生感染症のリスクが残る」という事実が危険性を物語っています。


プラセンタについて調べていくと様々な事実が見えてくるのでとても興味深いです。


ヴィーナスプラセンタ原液で、どうすればもっと美容効果と保湿効果を得ることが出来るのか、さらに追求していきます・・・!




▽▽あなたも肌でプラセンタ効果を追求!▽▽


>トップページに戻る<


このページの先頭へ